スギモト 豊田工場ブログ

工場のこと、製品のこと、直売会のこと等々、いろいろお知らせします

9月工場直売会 開催中止につきましてのお詫び

全国でコロナ感染が拡大しており、また愛知県の緊急事態宣言発令に伴いまして、9月11日(土)に開催を予定しておりました工場直売会を中止させていただきました。

 

直売会を楽しみにお待ちいただいていた多くのお客様には、大変申し訳ございませんでした。工場従業員一同、心よりお詫び申し上げます。

 

また、事前に工場直売会中止のご案内を、店頭の掲示板とブログ、ツイッターでお知らせしておりましたが、当工場の中止のご案内が不十分だったため、一部のお客様には、ご足労をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。

 

次回の工場直売会は10月9日(土)を予定しておりますが、状況によっては開催ができない場合がございます。

 

開催につきましては、店頭での掲示とブログ、ツイッターでお知らせいたしますので、どうかご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210317095210j:plain

 

9月 直売会中止のお知らせ

 

 【重要なお知らせ】

 9月11日(土)に開催を予定しておりました工場直売会ですが、

全国でコロナ感染が拡大しているため、大変申し訳ございませんが

中止させていただくことになりました。

 

来月は、10月9日(土)の開催を予定しておりますが、状況しだいでは

中止させていただく場合がございます。

開催につきましては、店頭に掲示させていただくと同時に

ブログ、ツイッター等でもお知らせさせて頂きますので、

何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210826133701j:plain

 

 

8月29日は「焼き肉の日」

みなさんこんにちは。

今回は焼き肉の日のご案内です。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210828161558j:plain

夏はやっぱり焼肉ですね。

焼き肉の日は、焼肉店を運営する企業などで構成される「全国焼肉協会」というところが、平成5年に制定したそうです。

全国焼肉協会 https://www.yakiniku.or.jp/

 

日付は皆さんもお気づきの通り「や(8)きに(2)く(9)」の語呂合わせから。

 

あと「夏バテ気味の人に焼き肉を食べてスタミナをつけてもらうこと」が目的なんだそうです。

夏と言えば、やはり「土用(どよう)の丑(うし)の日」が有名ですが、7月23日の「天ぷらの日」、8月29日の「焼き肉の日」とあわせて食べ物の「夏バテ防止の三大記念日」とも言われているそうですよ~。

聞いたことないですけど、ね。

 

ところで、最近は日本中どこでも食べられる(?)ようになった焼き肉ですが、いつごろから日本で食べられるようになったのでしょうか。

 

ネット情報の引用ですが、

…食肉文化が広まった明治時代は、牛鍋などの料理が主流でした。

焼肉が日本で広がったのは、実は戦後になってからなのです。

戦後の食糧難の時代には、牛や豚の肉は禁制品となり市場に出回ることはありませんでした。

そのため、ヤミ市で牛や豚などの内臓を焼いて食べさせる店が登場し、次第に人気を集めるようになりました。

 

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210828162013j:plain

スギモトの焼き肉レストランで人気の「ホルモン9種盛り合わせ」

これが焼肉のルーツとなる「ホルモン焼き」で、後々ホルモンだけではなくカルビやロースなどの赤身肉を取り入れていき、現在の焼肉になったのです。

 

日本初の焼肉店は、1946年頃に開店した東京の「明月館」と大阪の「食道園」だといわれています。

その後、焼肉店は徐々に数を増やし、1988年に開催されたソウルオリンピックをきっかけに韓流ブームが巻き起こり、焼肉店の人気度が高まった… とのことです。

 

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210828162404j:plain

なんか、焼き肉のことを調べてたら猛烈に焼き肉が食べたくなってきました。

もう焼き肉のことしか考えられません。

残念ながら緊急事態宣言下の愛知県では、焼肉屋さんも20時までしか営業していないので、今夜はおウチ焼肉にしようかな。

 

工場直売会中止のお知らせ

 

9月11日(土)に開催を予定しておりました豊田工場直売会ですが、全国で新型コロナウイルス感染が拡大、愛知県に緊急事態宣言が発令されることを踏まえて、大変残念ながら中止させていただくこととなりました。

 

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210826133701j:plain

 

直売会を楽しみにお待ちいただいていたお客さまには大変申し訳ございません。

何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

なお、次回の直売会については、決定しましたらブログ・ツイッターでお知らせいたします。

 

スギモトでは、感染対策を徹底するとともに、ワクチンの職域接種も行なってまいります。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210826134131j:plain

皆さまも、くれぐれもご自愛ください。

 

「直売GO!」ギフト解体セール! たった今から開始します!!

皆さまこんにちは。

 

前々回のブログでご案内しました「ギフト解体セール」を、本日ただ今から期間限定で実施します。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210819172005j:plain

解体セールは「買いたい」セール!

商品は2つのアソートセットを販売します。

 

1つはウインナー・ポークハムを詰め合わせた「1,300円アソートセット」

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210819172159j:plain

賞味期限がいずれも9月上旬と短いため、見切り価格にて 8月25日(水)までの期間限定で販売します!

 

もう1つはギフトの人気商品を解体して選り抜いた「2100円アソートセット」

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210819172305j:plain

通常価格の合計4100円が約半額と、こちらも大変お買い得!

こちらは9月10日までの期間限定で販売いたします!

 

※商品価格は税込です。

※別途送料1,100円(税込)がかかります。

 送料無料商品との「おまとめ買い」がおトクですよ~!

※お届けは関東・中部・関西地区限定となります。

皆さま、この機会をお見逃しなく!「直売GO!」にお急ぎください!

Googleなどの検索エンジンで「直売GO!」と入力してください。

 URLはコチラ https://chokubai-go.com/

 

- - - - - - - - - - 追 記 - - - - - - - - - -
ショップオープン記念で販売しておりました「お試しセット」ですが、
完売後にお問い合わせ・リクエストをたくさんいただきましたので、
レギュラー商品として継続販売することにいたしました。

こちらも併せてご利用ください。

 

よろしくお願いいたします。

8月6日は「ハムの日」

「ハムの日」は、日本ハム・ソーセージ工業協同組合により、「8月6日」と定められました。

由来は…ご想像の通り「ハ(8)・厶(6)」の語呂合わせ ( *´艸`)クスクス

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210805130946j:plain

今や日本中の人が食べているハム。今回は、その歴史をひもといてみます

といっても、ほとんどの人が知らない「ハムの日」。

大々的なイベント等が行われないのは、1945年8月6日に広島県に原爆が投下された「広島平和記念日」でもあるから。

ちなみに8月9日は「ハンバーグの日」だそうですが、こちらも「長崎原爆の日」と同じ日のため、大きなイベントは行われていないみたいですね。

どうせなら語呂合わせとかじゃなくて別の日にすればよかったのに、と思うのは私だけ?

 

そういえば、「生ハムの日」もあって、こちらは11月11日だそうです。

またいずれブログでご紹介しますね。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210805131324j:plain

最近見かけないけど、生ハムメロンってありましたよね

 

さて、話変わって、そもそもハムっていつごろから食べられていたのでしょうか?

 

はっきりはしていませんが、肉を『塩漬けすることで長く保存できる』ことを古代の人が知ったのが、ハムやソーセージのはじまりと言われていて、紀元前7000年頃には作られていたとも、古代中国では4800年前からハムらしきものが作られていた、とも言われています。

それから徐々にハムやソーセージの製造が各地に広がって、12〜13世紀になるとヨーロッパ全域で作られていたようです。

 

では「日本」でハムが食べられるようになったのはいつからでしょうか?

現在のような形でハム・ソーセージが出現したのは、江戸時代後期の長崎出島とされています。

居住するオランダ人が自らの食用にハム・ソーセージを作っていて、客として招かれた日本人が口にした「臘干(ラカン)」が今日のハムに当たる、と言われています。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210805131921j:plain

鎖国時代の唯一の交易拠点とされている出島

記録に残っているものとしては、1872年(明治5年)に長崎の片岡伊右衛門さんがアメリカ人のペニスンさんからハムの製法を教わってハム工場を建設したのが始まり、と言われています。

 

1921年(大正10年)、ドイツ人のアウグスト・ローマイヤーさんが日本独自の「ロースハム」を作った頃からハムを食べる人が増えていったらしいですが、当時のハムはとても高価で、ハム1本の値段が公務員の初任給の3分の1くらいだったそうです。Σ(゚д゚lll)ガーン
庶民の口に入るのはまだまだ先で、1960年~1970年(昭和35年~45年)頃にやっと一般家庭の食卓にのぼりはじめました。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210805132958j:plain

高級ハムの代表格「ロースハム」

 

今では食卓の定番として、お弁当のおかずやおつまみとしてすっかり定着したハムですが、もともと高級品であったことと、保存がきくことでお中元やお歳暮のギフトとして贈られるようになりました。

 

スギモトでも「百年の匠」シリーズのハムギフトが人気商品になっています。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210805133318j:plain

お中元・お歳暮など、ギフトの人気商品「百年の匠」シリーズ

 

近々、Web直販「直売GO!」でギフト解体セールを行なう予定ですので、この機会にぜひスギモトのハムをお試しくださいね~。

 

Web販売「直売GO!」からお知らせ

皆さまこんにちは。

 

ずいぶんご無沙汰になってしまい申し訳ございません。

いろいろバタバタしていたのですが、落ち着いてきましたので、久しぶりの書き込みです。

 

皆さまにご利用いただいております、Web直販「直売GO!」では、8月に「お中元ギフト解体セール」を計画しています。

お中元のセット商品を解体して、お値打ち価格でご提供いたします。

f:id:sugimoto_toyota_factory:20210720131846j:plain

ギフト解体セールでは高級ハム等々をお値打ち価格でご提供します!

他にもいろいろ計画しておりますのでお楽しみにお待ちくださいね。

 

詳細が決まりましたらまたご案内いたします。

よろしくお願いいたします。